人によっては、引っ越し、留学、入院など、様々な理由から、途中で通っていたサロンを解約しざるおえない状況になる時があります。
また、サロンの雰囲気や施術方法などが自分の思っていたものと違った、と通い始めてから、わかったと言う人もいるかもしれません。
どんな理由であれ、もし途中でエタラビを解約する場合、どのような違約金が計算されるのでしょうか。

エタラビと他店の料金システムの違いとは。

多くの脱毛店の支払いシステムは、初めに数か月分の契約金額を支払い、決まった金額を月々に支払う方法なので、途中解約したとしても、残りの数か月分は残金が戻ってきます。

エタラビの場合は、新しく会員になる時の支払は最低12ヶ月分から114000円を契約金としています。
それをローンかクレジットまたは、金利の付かない現金で支払うことになります。
月々に支払う9500円は、エタラビの場合、月額制で分割と言って良いでしょう。

ローンにした場合は利子が付くので、それ以上の金額になります。
ですから、月の支払いがおおよそ9500円になると言う意味です。

まとまった金額の支払い後に解約すると、違約金はどうなるのですか。

エタラビは、体部分4つに分けて1回づつ施術するので3ヶ月ほど、かかります。
最初12か月からと言うことで、4回行くことになります

エタラビは、違約金と言うのはありませんが、解約の時に10%の手数料が発生します。
一回分の施術料×受けた施術回数+解約手数料+その他(何か商品を購入したなど。)の金額を、支払った最初の契約金から引くことになるのですが、一回の施術料金は、9500円ではなく、その一回で受けた部位の合計金額となるのがエタラビのシステムです。

途中で解約した場合、返金はあるのでしょうか。

最初に支払った契約金や施術を受けた回数にもよります。
また1回の施術は、都度払いの9500円×4回ではありません。
エタラビは、それぞれの何ヵ所かの部位、一つ一つの計算となります。

前面部、背中側、そして腕、足部分の4つのパートに分かれて施術が行われます。
この部位全部を受けた全身一回分は、おおよそ50000円税別以上になります。
それぞれの契約金は、人によって違うのと、施術を受けた回数も違うと思います。
そこから、返金があるかどうかがわかってくるでしょう。

契約してしまったけれど、クーリングオフはできるでしょうか。

脱毛店のスタッフの説明を聞いているうちに、勢いで契約してしまったと言う人が、いるかもしれません。

家に帰って料金のことを考えると不安になったり、もう少し他のサロンの話しも聞いてみたいと思い始めたり、理由はともあれ、やっぱり止めようと決めたら、急がなくてはなりません。
クーリングオフできる期間は、8日以内と決まっているからです。

クーリングオフは、どうしたらできるでしょうか。

契約した店舗には、必ずクーリングオフしたい旨を伝えます。
良くあることなので、それほど気にすることはありません。

契約した店舗に、契約解除の通知と書き、記録が残るような特定記録郵便や、簡易書留などで郵送します。
クレジット会社での支払いを申し込んだ場合は、こちらも必ず連絡します。
わからない場合、クーリングオフのやり方を検索して調べてみましょう。

まとめ

どうしても、途中で解約を考える時があるかもしれません。
突発的な出来事があり、お金を支払って行くことが難しくなることもあるでしょう。

どうしても脱毛サロンと相性が悪い、施術してもらっても、痛みを我慢することが多く、それがストレスになって行きたくなくなったら、我慢しないで、解約を申し込みましょう。

何も悪いことではありません。
美しくなる為に始めたのに、余計なストレスは、意味のないことだからです。