よく永久脱毛と言う言葉を耳にしますが、何回か脱毛をすれば、永久に毛が生えなくなる、と言うことではありません。
毛は、必ず復活し蘇り再び生えて来きます。

ですが、何度かの脱毛を繰り返すうち、毛の質が変わり、細くなったり量が少なくなったりして来ることがあります。
イメージ的に多くの女性が、永久脱毛があると思うのも理解できます。

サロンでの脱毛と医療脱毛はどう違うのですか。

脱毛サロンで行われている施術は、美容ライト脱毛と言われるものです。

除毛や減毛を主体として美容上に位置し、使われる美容機器にしても、適合審査制度に合格した安全性の高いものでなければなりません。

また、医療脱毛の方は、クリニックや美容外科と称し医師がいます。
高性能で強力なレーザーを広範囲に使うことも可能であり、何かトラブルがあった場合、医師がいると言うことは、心強いことです。

レーザー脱毛って、どんなものでしょうか。

レーザー脱毛が出来るのは、医療機関だけですが、どのクリニックでも、サロンと同じように、内容や料金、コースの説明があります。
その後、医師の診断で肌の状態、毛質を確認し、血液検査をする所もあります。

レーザー脱毛は、毛乳頭を破壊するほどのパワーで照射します。
痛みは、それぞれ個人の感覚なので、これぐらいの痛みとは言えませんが、熱い一瞬の短い衝撃が何度も来る感じと言えるかもしれません。

短い時間で集中したければレーザー、でも料金を考えると。

強力なパワー照射するレーザーは、毛の周期を考え何年も通い続けるサロンに比べると半分の期間で、ほとんど脱毛した部分の毛が見られなくなり、その成果に驚かされます。

ですが注意したいのは、医療だとしても保険は適用されず、自費で支払わなければなりません。
料金は、一般的なサロンの三倍から四倍近いほどアップし、相場で50万から100万の間となります。

高額なので、一括現金の方は少なく、ローン契約を結ぶ人が多いと思いますが医療機関と言うことで、クーリングオフが効きませんので、充分に自分自身が納得から決めなくてはいけません。

光脱毛って、どんな施術なのでしょうか。

光脱毛は、サロンで一般的に行われている、ムダ毛に光をあてる施術方法の一つです。
痛みも、輪ゴムが弾けるくらいの感覚か、ほとんど感じないと言う書き込みが多く寄せられています。

光が黒いものに反応し燃焼する作用から、回を重ね照射するうちに、毛根自体が細くなり、気がつけば、お手入れのしがいがあったと実感できる、それが光脱毛です。

SSCって、何でしょうか?

今、人気上昇中のSSCとは、スムース・スキン・コントロールと言う意味で、光脱毛の中で肌への刺激が弱く、肌に優しい施術方法です。

多くの大型サロンが導入している、又は開発されている専用のジェルによって、ムダ毛に反応する光を照射させます。
このジェルは、痛みを緩和させるだけでなく、美肌効果も一緒に取り入れることができます。

IPL脱毛って何でしょうか。

IPLの意味は、インテンス・パルス・ライトと言う英語の略で、強烈な波動を起こす光、または強烈な瞬間的な光と訳しても良いでしょう。

黒色のメラニン色素に反応しやすく、レーザーの光は同一波、このIPLは、拡散する光であり、レーザーや他の施術よりも、痛みも少ないのが特徴です。
皮膚の表面温度を上げることなく、毛根を消滅させる施術へと進めますので敏感肌の人にも最適な脱毛方法と言えるでしょう。

まとめ

光脱毛の施術の中にも、SSC、IPLなどの種類があります。
自分の興味のある脱毛サロンは、どの施術を取り入れているか、ホームページに紹介されている時もありますが、この二つの施術を行っているか

どうか、確認してみましょう。
施術を受ける時に必要なタオルやジェルの料金は毎回、支払うのでしょうか。
備品などが、無料サービスになっているサロンもあります。

長い期間、通うことになるかもしれません。
施術料金の他に毎回お金がかかることは、負担になってきますので、小さなことだと思わず、カウンセリングの時に聞いておくことは、とても大切です。